◆36(サブロク)協定書をつくる – 運送業の運営管理サポート専門の社会保険労務士・行政書士 いまい事務所
  • 運送業をしているみなさんへ”本業に専念する時間”を届けます!

◆36(サブロク)協定書をつくる

36協定書を結んではじめて残業や休日出勤をしてもらうことができます。運送業界は、仕事時間が長くなりがちですが、きちんと36協定書を結んで、監督署に届けていますか?

基本的な流れ備考
お問い合わせください。メール電話FAX
お打ち合わせをお願いします。
お見積書をお送りいたしますので、ご確認ください。
「36協定書(案)」をお送りしますので、ご確認をお願いいたします。
追加項目や修正をした「36協定書」と「時間外労働・休日労働に関する届出書」をお送りしますので、ご確認と署名捺印をお願いいたします。
労働者の代表者の方に協定内容を説明し、同意を受け、「36協定書」に署名捺印をいただいてください。
「36協定書」と「時間外労働・休日労働に関する届出書」を当事務所までお送りください。
当事務所で、お近くの労働基準監督署に届けさせていただきます。
労働基準監督署の受付印の入った「36協定書」と「時間外労働・休日労働に関する届出書」を郵送いたします。
お受け取りになったら、当事務所の報酬のお振込みをお願いいたします。

アフターフォロー!

◆ご希望の場合には、エクセルで作成した「36協定書」と「時間外労働・休日労働に関する届出書」を差し上げます。(プレミアム・スタンダードの場合)

(参考)料金表

項目プレミアムスタンダードエコノミー
相談
作成
労働基準監督署への届出
労働者代表の方への説明会同席
社内掲示
届出以降1年間の無料相談
料金①150,000円40,000円10,000円
料金②0円0円0円

◎:当所がお受けする仕事
※上記金額は参考金額となります。お話しをお伺いし、見積もりをさせていただきます。
※料金②は、許可申請後に顧問契約を1年以上していただく場合の料金となります。